賃貸を広く使うトランクルーム

 現在住んでいる賃貸が狭くなったけれど、駅に近い、便利、気に入っているなど、さまざまな理由で引越しをしたくない方におすすめなのがトランクルームやレンタルボックスと呼ばれる賃貸スペースです。
 かんたんにいうと物置のようなものですが、ふだん使わない物やシーズン物を入れておけば住んでいるところが広くなります。タイプにもよりますが、1万円を切るものも多いので検討してみてはいかがでしょうか。しっかりしたカギ付きで24時間出し入れ自由などが人気です。

トランクルームは便利

 最近目につくのが「トランクルーム」や「レンタルボックス」「クローゼット」などの看板です。
 いま住んで居る賃貸が狭いけれど、引越しをしたくないという方におすすめです。月々数千円から借りることができるので、ふだん使わないものなどを入れておけば、賃貸を広く使うことができます。

空調設備のあるトランクルームの天井部分です。室内は常に一定の温度や湿度が保たれています
空調設備のあるトランクルームの天井部分です。室内は常に一定の温度や湿度が保たれています

 トランクルームにもいろいろなタイプがあります。コンテナをスペースとして使った、完全に物置のようなものから、マンションの部屋を区切ったようなスペース、そしてトランクルーム専用に作られた建物など用途に応じて選ぶことができます。
 注意したいのは、屋外にあるスペースの場合は、どうしても1階が使いやすくなります。2階になると、荷物を上げるだけでもかなりたいへんです。

マンションの部屋をトランクルームにしているタイプです。最近増えてきました
マンションの部屋をトランクルームにしているタイプです。最近増えてきました

 マンションの部屋を改造したタイプやトランクルーム専用に作られた建物に多いのが、空調完備の物件です。このタイプでは、衣服なども痛まずに収納できるので便利です。電鉄会社が高架にした線路下などのスペースをクローゼットと呼んで貸出したりしています。
 室内が常に一定の温度や湿度に保たれているので、本などを置いておくのにも適しています。ただ、ふつうのトランクルームに比べ料金が高くなるので、用途に応じて借りるのがおすすめです。
 最後になりましたが、トランクルームを効率よく使うには、絶対に住んでいるところから近いことが条件になります。そして、荷物を出し入れできる時間をしっかり確認しておきましょう。
 有人監視の場合は、時間の制限がある場合が多く、コンテナなどを使用した場合には24時間出し入れ自由が多くなります。
 中に入れるものや用途に応じて使い分けてください。

【賃貸を広く使うトランクルーム Guide】
コンテナを利用したタイプは、料金が安く広いのが魅力です
コンテナを利用したタイプは、料金が安く広いのが魅力です
なるべく近いトランクルームが使いやすく便利です
なるべく近いトランクルームが使いやすく便利です
トランクルーム専用の建物です。広さはいろいろです
トランクルーム専用の建物です。広さはいろいろです
棚などを持ち込んで効率よく収納することが大切です
棚などを持ち込んで効率よく収納することが大切です
【スポンサードリンク】

 
室内タイプで空調設備のあるトランクルームなら、衣服の収納も安心です。その分レンタル料金が少し高くなりますが使い方に応じてタイプを選んでください。サイズもいろいろとあります

室内タイプで空調設備のあるトランクルームなら、衣服の収納も安心です。その分レンタル料金が少し高くなりますが使い方に応じてタイプを選んでください。サイズもいろいろとあります

【スポンサードリンク】