防音の賃貸

 音に配慮したマンションが注目されています。周囲に音を漏らさない、周囲の音が入ってこない防音タイプは細やかな神経の人でも安心して暮らせます。
 マンション内部で気になるのは、水回りの音です。配水管の敷設によっては、トイレの水を流したりするとかなりの音が出ます。このあたりはマンション選びの基本なので、慎重にチェックしてください。防音タイプのマンションなら、その点も心配ないですね。このほかに、ピアノ、ギターなど楽器が趣味の方には「楽器可」の防音タイプがおすすめです。

防音で静かな環境を

 音に敏感な人におすすめしたいのが、防音タイプのマンションです。
 部屋の上下はもちろん、さまざまな音の出る点に配慮がされていて、静かな環境で暮らすことができます。

マンションの音で気になるのは、トイレ用やバス用などの排水パイプの音です。静かな部屋を探すときには、必ず水回りの音をチェックすると安心です
マンションの音で気になるのは、トイレ用やバス用などの排水パイプの音です。静かな部屋を探すときには、必ず水回りの音をチェックすると安心です

 とくに人気なのが「ピアノ可」や「楽器可」といったタイプの防音設備の整ったマンションです。楽器と一緒に暮らせるのが魅力です。
 「防音室」を備えた本格的なマンションも、そう多くはないですが、じっくりと探せば見つかります。注意したいのは、「楽器可」「声楽可」などの物件でも、演奏時間が限定されていることがあります。そのあたりも忘れずにチェックしてください。

ギターアンプもヘッドフォンではなく生で鳴らしたいですね
ギターアンプもヘッドフォンではなく生で鳴らしたいですね

 「楽器可」の物件を探しやすいのは、「音大」などがある近くの街です。音大生用が練習できるように配慮されているので、安心して楽器を鳴らすことができます。
 東京周辺なら、桐朋学園のある京王線沿いや国立音大のある立川周辺がよく知られています。

「楽器可」の物件を探すなら、音大のある周辺の街をチェックしてみてください。写真は世界的な指揮者として知られる、小澤征爾さんの学んだ桐朋学園のある仙川の街です
「楽器可」の物件を探すなら、音大のある周辺の街をチェックしてみてください。写真は世界的な指揮者として知られる、小澤征爾さんの学んだ桐朋学園のある仙川の街です
【防音楽器可の賃貸 Guide】
不動産屋さんにも「楽器可・防音」の物件が増えています
不動産屋さんにも「楽器可・防音」の物件が増えています
後からマンションの部屋を、防音にすることもできます
後からマンションの部屋を、防音にすることもできます
低音域のある楽器は、とくに部屋の上下に音が響きます
低音域のある楽器は、とくに部屋の上下に音が響きます
防音に配慮されたマンションなら普段の生活も安心です
防音に配慮されたマンションなら普段の生活も安心です
【スポンサードリンク】

 
エレキギターの練習も防音のマンションなら室内でできます。たくさん練習して、うまくなってライブが開催できれば楽しいですね

エレキギターの練習も防音のマンションなら室内でできます。たくさん練習して、うまくなってライブが開催できれば楽しいですね

【スポンサードリンク】